福島県大堀相馬焼絵付け体験(2013.11.17)
ホーム > 福島県大堀相馬焼絵付け体験(2013.11.17)

福島県大堀相馬焼絵付け体験(2013.11.17)

2013年11月17日(日)写真 1 (1)

 

この日神戸は神戸マラソン。

 

約2万人のランナーが神戸の街を駆け抜ける中、私達神戸第一

青年部は福島県大堀相馬焼復興支援の一環として来年の干支で

ある馬の絵付け体験に参加いたしました。

 

 

絵付けを指導して下さったのは福島県大堀相馬焼の窯元三代目。
まずはお手本の馬の絵の上に紙を置き鉛筆でなぞって下絵の練習→それを墨でなぞって

絵付けの練習→感覚を掴んだらお皿に鉛筆で下絵を書く→絵付け用の液で絵付け。
という工程でしたが、お手本のような馬の絵をお皿に描く自信…ゼロ。
下絵はプロにお願いいたしました。
素敵な馬の下絵を描いていただき、絵付け体験開始。

 

写真 2       写真 3

 

馬の絵を仕上げると、各自名前の一文字や文を入れて自分のお皿にオリジナリティーを

だします。

 

写真        写真 4

 

絵付け体験終了後は福島のお菓子でお茶を一服。

 

写真 5

 

最後に本日お越し下さった福島大堀相馬焼お窯元が現在の福島県および大堀相馬焼のお話を

お聞かせ下さいました。

震災、原発事故の影響で30ほどある大堀相馬焼の窯元のほとんどが町を離れての作陶を

余儀なくされており、ご自身も現在は二本松に拠点を移され作陶を続けられているとの事。
一日も早い被災地の復興および伝統の大堀相馬焼の再開を心よりお祈り申し上げます。

 

本日絵付けしたお皿は年内には焼きあがるようです。
焼きあがりが楽しみです。

 

楽しく貴重な経験でした。ありがとうございました。

 

(井上 記)