茶会『ReBORN』お客様の声(2014.02.02)
ホーム > 茶会『ReBORN』お客様の声(2014.02.02)

茶会『ReBORN』お客様の声(2014.02.02)

茶会『ReBORN』を終えて  お客様コメント集

 

20140202_12茶会『ReBORN』にお越しくださいましたお客様よりたくさんのお言葉を頂戴いたしました。

 

ここにご紹介させていただきます。

 

 

他青年部

 

20140202_504

阪神青年部 和田様

 

神戸第一青年部の皆様の情熱とチームワークを感じるお茶会でした。

趣向も大変素晴らしく阪神青年部でも見習う点が多々あり勉強にもなりました。

 

 

神戸第二青年部 松浦様

 

今回私は初めて神戸第一青年部のお茶会にお邪魔させて頂きました。

 

20140202_301

テーマからどんなお席だろう、と楽しみにしていましたが、随所に皆様の手作り作品を盛り込り、またお席ごとの趣向があり、これぞ青年部だなと感じました。

またフレッシュ席での緊張感の後のメンズ席とのギャップも楽しかったです。

 

本当に楽しい時間を過ごさせて頂きありがとうございました。

 

 

□□青年部 T様  (文章転記のため、固有名詞を伏せております)

 

こんにちは。

先日は大寄茶会にお招きいただきありがとうございました。

お疲れは出ていませんか?

 

お茶事のように、と考えられたそれぞれのお席のしつらえは大変風情がありました。

 

20140202_10

鬼がいるのに温かい・・・優しい鬼たちの顔からも笑顔をもらって帰ってきました。

 

青年部の皆さまが常に気を配って動かれていることには、◎◎さんと二人で感動!

 

大変楽しいひとときをありがとうございました。

少しでしたが、▽さんや皆さまのお顔を拝見できて嬉しかったです。

お会いできなかった方々もいらっしゃいましたが、またの機会に皆さまとご一緒できればと思います。

 

御礼が遅れ、大変失礼致しました。 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

岡本様

 

20140202_405本日は初茶会にお招き下さりありがとうございました。

様々な心配りが今日のような素敵なお茶会を作るのですね。

花入を使っていただいたことも大変嬉しかったです。

皆様のあたたかい笑顔で春の一日とさせて頂きました。

 

皆様がお疲れを残されませんように

甲午二月二日 岡本文

 

一般

 

H.K. 様

20140202_211①点心席 この日は2月2日。次の日が節分ということで、鬼の置物などが置かれており早くも節分気分を味わえました。出てきたお料理の一番の主役はやっぱり恵方巻。点心席のお部屋では恵方に目印があり、そちらを向いて巻き寿司をパクリ。おかげで今年も良いことがたくさんあるような気がしてきました。おいしいものを頂きながら、近くの席の方々と和気あいあいとお話しているうちに最初の緊張や寒さがやわらぎリラックスした気持ちになりました。次席に向かう頃には来る途中で冷えた体もすっかり元通りになりました。

20140202_506②フレッシュ席 新入会員さんによるお席でした。着物姿の女性がたくさんいらしてやっぱり華があるなと見とれていました。「フレッシュ」という名前だけあって、みなさんとても一生懸命で見ているこちらも何か新鮮な気持ちになりました。「東風」(と書いて「こち」と読むそうです)という名前のお菓子は風を受けて膨らんだ帆の宝船の形の上生菓子でした。お色もピンクで可愛らしく、とても美味しかったです。後で会記を見て、煙草盆は青年部員の方が手作りされたものだと知りました。青年部ではこういった珍しい体験もされてらっしゃるということで、幅の広い活動がとても活発に行われていることに感心してしまいました。

20140202_505③男性席 こちらは男性ばかりのお席でした。最近のお茶の世界では女性が多いらしく、珍しいことを体験する気持ちで臨みました。女性の多い場を華やかで優しい雰囲気とするなら、威厳のある空気がお茶室を支配していました。お菓子はまるごと一つの立派な干し柿です。口元を隠しながらかぶりつくほか食べようがないというワイルドさ。でもまだ現代のような和菓子がなかった時代はこういうものが出されていたのではないでしょうか。袴姿の男性陣がお点前やお運びする姿を見ていると千利休さんが生きていた戦国時代のお茶ってこんな雰囲気だったのではないかな、とさながらタイムスリップした気分になれました。和やかな中にもピシッとした空気が漂っていて茶道をする男性がカッコ良く 見えました。

 

Y.Y. 様

2/2松泉園での青年部のお茶会、新しい船出との事、ご盛会おめでとうございます。
男性席では、後見さんより古いお茶道具の説明の他、新企画の六甲山茶会の成功報告や今後の活動予定を紹介をしていただき感謝致します。
20140202_11六甲山茶会に関しては、全国代表者会議にて発表がなされたとの事、待合でのビデオ上映で、準備から当日までの様子を拝見することができました。
温故知新の青年部らしい素晴らしいお茶会にお招きいただき、どうもありがとうございました。
益々のご活躍をお祈り致します。

 

O様

初めて社中メンバーだけでないお茶会に参加させていただきましたが、お茶会というものがどういうものか体験することができましたし、初めて見るお勝手やお道具、お庭の風景なども素敵でとても楽しかったです。いつものお稽古では少人数のことが多かったのですが、たくさんの人のなかでいただくお茶はいつもと違って楽しい雰囲気の中でいただくことができました。
20140202_13特にメンズ席は和装の男性が多く迫力がすごかったのですが、亭主と主客との掛け合いの会話がこれまたおもしろく、また主菓子がこれまで見たことがないくらい大きな干し柿と、驚きの連続でした。急いでいただいたのですがお茶に間に合わなかったのもお茶会の楽しかった思い出です。いただいたお抹茶「無上」も大変おいしかったのですが、青年部の方々が一生懸命おもなてししようとお頑張っている気持ちが伝わってきたからこそ、あそこまでおいしかったのだと思いました。
またいろいろなお茶会に参加したいと思えるきっかけになりました。青年部の皆様、楽しい会を本当にありがとうございました。

 

K.K.様

お稽古を始めたばかりで、いわゆる大寄せの茶会には、初めて参加させていただきました。想像の中だけだった大茶会の雰囲気を肌で感じることのできた貴重な体験でした。普段のお稽古において習っていることが、なぜ必要で、どのようなシーンで振る舞うのかが、ちょっと分かり前進したような気がします。

20140202_14茶会全体を通し、色鮮やかで和服姿の方々や着物姿の所作の美しさに、気持ちの高ぶるひとときでした。

また、

 ・待合での、今から始まるというドキドキ感。

 ・ざっくばらんな点心席。

 ・身が引き締まる中でも楽しい空間のフレッシュ席、   そして男性席。

20140202_404茶会は、こんなにもいろんな表情を見せてくれるのだなぁと新発見の連続でした。

もっとも強く感じたのは、招く側・招かれる側、老若男女の誰もが茶会を心から楽しんでいらっしゃるということでした。この楽しむ気持ちが茶会全体を包んでいると私は感じました。

あらためまして、参加させていただき、ありがとうございました。今後とも、さらにお茶を好きになり精進したく思っております。

 

 

A.K.様

20140202_209青年部の今茶会にお招きいただいてみての感想は“工夫されている”です

 

私自身通常の茶会の形式をよく把握しておりませんが、3部構成のお席を通して、そう感じました

最初の点心席からお手製でしょうか節分にちなんだ鬼のスタンプが押されたパッケージ、

 

次席のフレッシュ席での鳥のキャンドル、

20140202_301

最終席では男性ばかりのお点前でまるで戦国時代のころの茶の湯が思い起こされました

 

点心でお腹を満たされ、

青年部のフレッシュな面々のお点前に、

そしてどっしりとした雰囲気の男性席ではいよいよ大ぶりの干し柿でもう身も心もお腹いっぱいでした!

 

 

Y.Y.様

20140202_201待合…活動紹介ビデオが良かった。もうせんが薄くて、少し足が痛かった。

点心席…巻き寿司ののしの絵が良かった。お床の質問をしたかったが、席に青年部の方が誰も居られなかった。

お茶席…お道具の説明から、このお席のために時間をかけて準備をして下さったことが感じられ、とても嬉しかった。

 

 

M.M.様(元生田の森青年部)

お茶会に行くのは本当に久しぶりでしたので、出掛ける前は緊張と不安がありました。なんとかお着物の着付けもできて、どきどきしながら松泉館に到着しました。

20140202_03

一旦会場に着いてしまうと、青年部の皆様が温かく出迎えてくださり、どきどきはどこへやら。 ひとつひとつお席をまわる度に、やっぱりお茶って良いな、お稽古頑張ろう、という気持ちが湧いてきました。

 

フレッシュ席、 まさに、お軸の華;のように可愛らしく華やかさを感じました。 芽生えや誕生が感じられる煙草盆や、手作りの風炉先は、とても素敵でした。新入会員の皆様の初々しさと先輩会員の皆様の優しさが伝わってきました。

20140202_206

 

点心席では、お床には可愛い鬼さんたち、恵方の方角から私たちを見下ろす鬼さんの飾り、とりどりのビー玉の箸置き。美味しい恵方巻き。手作りのおもてなしに、とても嬉しい気持ちになりましたし、他のお客様と会話が弾みました。

 

最後の男性席。アイディアの素晴らしさに驚きました。まず、武士の時代を感じさせるような雰囲気を感じました。

20140202_02

また、新青年部となり男性会員が増えたからこそ実現できたというお話には、感動致しました。詫び錆びの趣あるお道具に、大きな干し柿が印象的でした。

 

ひとつのお茶会で、こんなに色々な趣向のお席を楽しめるなんて。本当にありがとうございました。 新たなスタートを切られた皆様の、これからの益々の御活躍を心からお祈り申し上げます。