六甲山茶会参加者コメント1(2014.06.07)
ホーム > 六甲山茶会参加者コメント1(2014.06.07)

六甲山茶会参加者コメント1(2014.06.07)

20140607-p01お待たせいたしました!

 

六甲山茶会の参加者コメントを

順にアップします。

 

さっそく第1弾!

青年部外から参加の御仁です!

 

 
20140607-p04六甲山に登って、山頂でお茶会をすると聞いて、「たのしそー」と軽い気持ちで参加しましたが、大変よい体験になりました。
 
自分ではお茶は身近にあったものの、稽古をしているわけでもないので、少々引け目を感じておりましたが、登っていく道中で、景色に見とれ、仲間と会話を交わし、七曲りのえんえんと続く坂にひぃひぃ言わせているうちにほぐれてきました。
 
 
20140607-p05山頂まで行くのにわざわざ重い釜をタオルで十重二十重にも保護して担いだり、長い傘を防水のためラップで巻いたものをリュックにくくりつけたりしているのに、「自分でかついで登るのがいいのだ。」とおっしゃってた真意が山頂で少しだけわかった気がしました。
 
自分たちのチカラで登って、協力して準備をするそのプロセスにエネルギーを注いでおり、注がれたお湯によって点てられたお茶は熱量が伝わり、汗で冷えたからだに染み渡るおいしさでした。
 

20140607-p02

また、登山で疲れきったのにもかかわらず、やってくる登山客をお茶でおもてなすのは、抹茶をおいしいと言うお客さんの声や、雨上がりの山頂の清々しさ、周りの方のきびきびした動き、お手前の動きのきれいさとあいまって、カタルシスでした。
 
 
僕自身もお手前を体験させてもらったのですが、青年部の方の正座の仕方、お湯の汲み方、茶杓の動かし方などのきれいな動きには程遠く、たとえイメージできてもやはり、一朝一夕ではできないのだと思いました。

20140607-p03

水屋で洗い物をする際に先輩が「本来甕の水だけでするものやから、一滴も無駄にするな」と叱責されているのを聞いて、モノがない中での大切にする心は、登山やキャンプと相性がいいんじゃないかと思いました。登山自体はたまにやっているのですが、そこにお茶会という目的がくわわると、楽しさがぐんと増して「組み合わせ」の妙ですね。
 
複数の人と協力して作り上げる魅力、お茶の精神世界と身体性、下山後の銭湯の気持ちよさ、覚えておきたいです。
 
その後、実家で行われている稽古も参加し、鉄は熱いうちに打てという諺を思い出しました。
 
ありがとうございました。

S.O 

 

 

 

六甲山茶会  第1弾 S.Oさん  7/17)
  関連記事  第2弾 青年部Nさん  7/18
  第3弾 青年部のおねえさま 7/19
  第4弾 青年部マレフィセントさま 7/20
  第5弾 青年部けばぶ部員 8/18
  第6弾 本年度新入会員 黒崎さん 8/26
  第7弾 本年度新入会員 梶原さん (9/3
  第8弾 青年部花委員会の姉御、ECさん  (9/11
  六甲山茶会実行委員長より  8/18