六甲山茶会実行委員長コメント(2014.06.07)
ホーム > 六甲山茶会実行委員長コメント(2014.06.07)

六甲山茶会実行委員長コメント(2014.06.07)

20140607-p46

 
六甲山茶会を無事終えた今、
 
本企画の実行委員長が、次年度以降に
 
向けての思いを、こっそり語ります。
 
 
 

 

革新を伝統に・・・

 

 

道具類を背負って登り、茶席を設えて登山者にお茶を振る舞いたい

 

20140607-p47 20140607_09 20130922-p01

 

軽い気持ちで始めた企画だったはずなのに、青年部のメンバーを巻き込み、思いがけず大きな企画となっていきました。

茶道になじみの薄い登山者に喜んでいただけただけでなく、振る舞う側として参加したメンバーの満足度が高いことが予想外の成果でした。

 

 

ただ、発案当初は前例がないなどを理由に難色を示す意見もありました。

 

茶道の世界では「伝統」が大切。確かにその通り。

その伝統を受け継ぐため、我々は日々お稽古に励んでいます。

でも、本当にそれだけで良いのでしょうか?

時代に合わせてアレンジすることは?

 

20140517_204そんな中、今年のナショナルコンファレンス2014の御家元対談で、和紙作家である堀木さんの話を聞いて共感したことがあります。

 

「伝統を受け継ぐ」 と 「革新を伝統に」 

2本立てでやっていく

 

「革新」と呼ぶのもおこがましいのですが、この「六甲山茶会」は新企画という意味では「革新」と考えてもいいでしょう。

 

 

「六甲山茶会」は見た目が派手なだけの中身のない企画・・・などでは決してありません。

 

限られたリソースの中で、工夫をして困難を乗り越える

 

実施してみてわかったんですが、青年部活動としてふさわしい企画なんです。

 

 

20140607-p48

一方、正直なところ、

私としては今年で満足してしまっています。

 
来年どうしようか・・・などとも悩んでいます。

 

 

 

20140607-p49でも、この企画から得られる歓びを、まだ参加できなかったメンバーやこれから入会するメンバーにも経験してもらいたい。いや、経験してもらうべきなのかも。

 

そのために「六甲山茶会」を継続していくことが、この企画を立ち上げた私の使命なのかもしれません。

 

 

六甲山茶会実行委員長 けばぶ

 

 

 

六甲山茶会  第1弾 S.Oさん  7/17)
  関連記事  第2弾 青年部Nさん  7/18
  第3弾 青年部のおねえさま 7/19
  第4弾 青年部マレフィセントさま 7/20
  第5弾 青年部けばぶ部員 8/18
  第6弾 本年度新入会員 黒崎さん 8/26
  第7弾 本年度新入会員 梶原さん (9/3
  第8弾 青年部花委員会の姉御、ECさん  (9/11
  六甲山茶会実行委員長より  8/18