学校茶道合同茶会@生田神社(2014.07.26)
ホーム > 学校茶道合同茶会@生田神社(2014.07.26)

学校茶道合同茶会@生田神社(2014.07.26)

20140726003

 

今年も学校茶道のお手伝いをさせていただきました。

 

青年部とは違った視点でのお茶会が新鮮です。

 

席は薄茶で座礼と立礼が各一席ずつでございました。

 

 

 

座礼は高校生の生徒さん方のお席でした。朝早くからお点前や後見の確認をなさってらして、非常に熱心に取り組んでいらっしゃる様子が伝わってまいりました。また、各学校から複数名のご参加だったそうで、スタッフは茶席水屋だけでなく、待合までの廊下やお菓子のお部屋にも大勢、制服に花月の友をつけた生徒さん方がおいででした。

 

20140726004

 

高校生の生徒さん方は、それぞれ個人では非常に真摯に臨んでいらっしゃるようでしたが、その内容は先生がすべて指示を出されたもので、部分的であるが為に、自分の役割について、行動は見えていても、それがなぜ必要なのかまで認識が及ばず、タイミングがつかめず戸惑う方が目立ちました。また事前に学校同士の連携が取れていらしたのか、全体の流れを把握されている生徒さんがどれだけおられたのか、本当はもっと自主的に動ける方々ではないのか、はたから見る私達には疑問が残りました。

 

また、あくまで案内誘導の限定的なお手伝いとしての参加でした為、事前の電話確認以外では学茶の先生方との顔合わせや直接打合せなど特になかった青年部でしたが、当日伺いますと、生徒さんが担当されているはずの待合の整理を請け負い、更にその指示をも任されるなど、一部の先生方と私達の認識のズレが大きく、今後のかかわり方について課題を感じたところもございました。

 

20140726001   20140726002

 

立礼は武庫の間にて、大学生の皆様のお席でした。ゆかたで揃えた様子が大変華やかで、それ自体がしつらえのメインになるほどあでやかな雰囲気でございました。また、お水屋では学生の方同士でお声がけや現況の確認などがなされ、要所を先生方がお見守りになりながらも、自主的に考え動かれていらしたのが印象に残りました。

 

全体を通し、未熟ながら各席間のつなぐ役目をいただいた為、会後はその視点から参加部員の間で率直な意見や疑問が交換され、青年部として単にお手伝いにとどまらない、これから結果を実らせるための大事なきっかけを作る事が出来た有意義な一日でございました。

 

お声がけくださいました先生方、学生・生徒の皆様には大変お世話になり、有り難うございました。

 

(鈴木)

 

 

20140726005

 (アフターは、おむかいのカフェ!)