茶杓作り体験@三木竹材店1(2014.10.25)
ホーム > 茶杓作り体験@三木竹材店1(2014.10.25)

茶杓作り体験@三木竹材店1(2014.10.25)

 

20141025-p05花委員会 スピンアウト企画!

 

あの有名な三木竹材店での茶杓作り体験に

青年部員及び一般参加者とともに参加してきました。

 

終わった後は、三木さんと懇親会での交流です!

 

 

竹は地下でみんなつながっていて、表では葉っぱで支えあっている。

20141025-p02
 
そんな竹の生き方を忘れないように、このように生きていけるように、
日本人は竹を生活の中に取り入れてきた。
 
 
お茶杓作りはこのような講義から始まりました。
私はこのような考え方で竹を見たことがありませんでした。
 
20141025-p01竹はあまりにも当たり前に傍にあって、
ひしゃくも、蓋置きも、お茶杓も、竹であるのを忘れてしまうくらい身近なもの。
そこの”人生”を感じたとき、当たり前のものが、まったく違う光を放って
見えてきました。
 
 
たくさんの種類の”お茶杓の原木”のなかから、自分の気に入ったものを選ぶところから
お茶杓作りはスタート。
私はいつもと景色の違った煤竹にしました。
20141025-p04
角ばった竹に、筋を見ながら型を引いて、ナイフで削っていきます。
 
はじめは硬くてうまく削れなかった竹も、時間を経るごとにコツがわかってきて、
うまく繊維の隙間に刃を当てられるようになってきました。
 
ナイフで削り、サンドペーパーをあて、何とか形になりました。
 
20141025-p06・・・が、いつものお茶杓とちょっと違う・・・
とっても、とっても、重いのです。
 
 
そこで三木先生にみていただくと・・・、見惚れてしまう程鮮やかな手つきで削ってくださいました。
 
仕上がりは見違えるよう!
いつもの、華奢な、優雅なお茶杓になっていました。
20141025-p07
 
これまでの人生でお茶杓をこんなに見つめたことも、お茶杓のことをこんなに
考えたことも、ありませんでした。
 
お茶杓拝見、とはよく言ったものの、どこを見ていいのか見所がわかっておらず・・・。
 
でも今回、実際に自分で作ってみて、
20141025-p08お茶杓には色々な種類があること、たくさんの見所があること、が手に取るようにわかりました。
それになぜ毎回銘と作者を聞かれるのか、そのこともよくわかりました。

 

 

とっても和気あいあいとした雰囲気の中、竹を削るひと時。
とても勉強になって、そしてとっても楽しかったです。

本当にありがとうございました。

 

黒崎 文香