チャリティー茶会2015「祈り」(2015.12.06)
ホーム > チャリティー茶会2015「祈り」(2015.12.06)

チャリティー茶会2015「祈り」(2015.12.06)

15120602チャリティー茶会2015「祈り」

 

神戸第一支部の先生方と共に、空の高い冬の一日、湊川神社にてお茶会をさせていただきました。

茶券は完売、おかげさまで多くのお客様がお運びくださり、盛会となりました。

 

 

おかげさまで今年もチャリティー茶会盛会裏に終える事が出来ました。

ご協力くださいました皆様、お越し下さいましたお客様、共催の形でお席をくださいました先生方、すべての方に心より感謝申し上げます。

 

当日参加の会員より、お礼と共に当日の感想を申し上げます。

 

(リーダーS)

15120604二人リーダーの一人をさせて頂きました。

9月下旬のキックオフの始まり、青年部席の方向性とそれに合わせたお道具組、親支部とのコミュニケーションや他の会員への広報等、お茶会準備にはありとあらゆることがあり、忙殺された2ヶ月でした。しかし、良いお席にしたいという想いを仲間と共有し、アイデアを出し合うのはクラブ活動の再来のようでとても楽しかったです。

色々な局面で役員・スタッフの方々にサポートいただき、また前・当日の参加者の皆さんお一人お一人が献身的にそれぞれのお役を果たして下さいました。準備や片付けでいくつか注意不足による失敗があり、親支部や先輩方にご迷惑をかけたり大変な失礼をしてしまった一面もありましたが、当日の流れに関してはお客様を長くお待たせすることはなく、おもてなし出来ました。チャリティー茶会に関わられた皆様に深く感謝いたします。

社中でお稽古とお運びをしているだけでは知り得なかった細々としたことも学び、またベテランの先輩方に助けて頂きました。まだまだ未熟ですが、いつかは私も頼りになる存在になれるよう、精進していきたいと思います。

 

(リーダーM)

15120603祈りというメインテーマ、未来へつなぐというサブテーマのもと設けさせていただいた青年部席。三つの虹を見つけていただけましたか?子供のモチーフのお道具たち、総本部からお借りしました主茶碗「若き力」!そして、青年部員一同の若き力!

お越しくださった皆さまに楽しんでいただけたなら、忙しい師走にごゆるりとしていただけるひとときであったなら、幸いでございます。

 

青年部のお茶会で、いつも、良いなあと思う瞬間があります。着座誘導の係から合図を受け、お菓子のお運びチームが動き出す、お手前が始まり後見の挨拶も始まる、お点出しの茶筅振りが始まる・・・それぞれのタイミングに部員同士が頷き合い、ひとつの流れが続いていく。この瞬間に立ち会う度、私は背がゾクッとして、すごい!と感動を覚えるのです。お菓子やお道具・設えももちろんそうですが、青年部の皆でお茶席を作り上げていく過程そのものも、お茶会の醍醐味と思っています。今回は約30名の部員が集まりました。皆さんのお力添えに心より感謝申し上げます。機転を効かして、積極的に動いて、助けてくださり、本当にありがとうございました!皆さんが個の力を、もっと発揮できるように、もっと配慮できなかったか、と反省しております。

リーダーという身に余るお役をさせていただいたのですが、大変多く勉強させていただきました。メンバーではなくリーダーという立場でお茶会に臨むと、設え等よりも、人と人との関わりが印象深く残ります。多くの人と人との関わりがあってこそ、お茶会は成り立つのだと改めて感じました。個人的には反省点が多くありますが、この度の学びを今後に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

(幹事S)

15120601当初からリーダーより、皆が意見を出しやすい雰囲気作りがなされ、早い段階においてお道具案なども出て、後々の心の余裕に繋がったように思います。今後もこういったスタッフ間の雰囲気づくりは大切だと思います。

先生方が青年部との連携を常に心に掛けて下さり、確認事項等頻繁にご連絡を差し上げたにも関わらずその都度、快くご対応下さった事は大変有り難かったです。

 

 

 

 

(委員長I)

今回はお菓子を中心に水屋を担当させていただきました。

お菓子はチャリティ茶会テーマ『祈り』と青年部席サブテーマ『未来へつなぐ』から、未来へのかけ橋、虹をイメージして作られ、『光』と銘が付けられました。

三色のパステルカラーの綺麗なお菓子は見ていて心が和むものでした。

水屋専任でしたので席中の様子は拝見できませんでしたが、見えない分後見さんやお客様の声がよく聞こえてきたような。

和気あいあいとした席中の様子を水屋で楽しませていただきました。

また、今回「お茶会に行ってみたい!」という知り合いが来て下さったのですが、「とても楽しかった!また来年も行きたいです。」とのメッセージをいただき嬉しかったです。

 

素晴らしいお茶会をお手伝いさせていただきました。

Sリーダー、Mリーダーをはじめ、先生方、先輩方、ご一緒下さった皆様、お客様、皆様ありがとうございました。
 

(後見T)

青年部に入りまして、まだ年数も浅い私にこの度は後見をお任せ下さりありがとうございました

一席終わる事に反省ばかりでございましたが、お正客さま、お客様にそれぞれ助けて頂きました事が何より有難い事でございました。

お席の数が多い場合と少ない場合など座る位置や間の取り方など、済んでみればああすれば良かった、こうしたらもっと良かったと思う所しきり…後見台本が大変有難かった(台本が無ければ到底私には無理でございました)ですが、そればかりを言おうとするとお客様のお顔が見えなくなる怖さも知りました。

やり直しが出来ない本番を体験する事は、本当にお勉強になりました。

また、事前会議や準備、手作りして下さった方々、その都度、適切なアドバイスをして下さいました親先生方、沢山の方の協力があり、このような茶会を成功させる事が出来ると言う事がよく分かりました。皆さま、本当にありがとうございました

 

(新入会員K)

今まで青年部のお茶会にはもてなされる側で参加させていただいており、

今回チャリティ茶会の「おもてなし」に初めて参加させていただきました。

 手作りのお床飾りや結界に驚き、先生がおっしゃる『趣向のあるお席』で社中も楽しんでおりました。

お水屋ではどなたかに聞かなければ動けませんでしたが、色々な先輩方とお話出来て楽しかったです。

大寄せのお茶会の経験が無いに等しく、お運びでは緊張するばかりでした。

お点前もさせていただき、貴重な主道具にも触れることが出来ました。

次回のお茶会では企画段階から参加して先輩方が作り上げられるお席の成り方を勉強させていただきます。

 

 

次回のお茶会は平成28年5月22日(日)、青年部茶会を予定しております。

またのお運びをお待ちしております。