2018年度第3回例会(2018.8.26)
ホーム > 2018年度第3回例会(2018.8.26)

2018年度第3回例会(2018.8.26)

塗師に学ぶ一貫張り体験 ~自分だけの干菓子器を作ろう!~
 


京都山科の塗師、川瀬表完様を講師にお迎えし、漆塗りの歴史や京塗りのお話を伺うとともに、一貫張りの干菓子器を一人一つ作成しました。

まずは竹で編まれた箕(み)に細かく切った和紙を糊で張り、表側にそれぞれが図案を考え描いた一枚を貼りつけるところでまずは第一段階完了。

糊が乾いたら(短い時間だったので扇風機を投入!)、柿渋を刷毛で乾かしながら塗り重ねます。柿渋の独特の香りにくらくらしつつ、良い色になれと念じて5~6回塗り重ねたら、世界で一つだけの自分の干菓子器に!

真剣勝負の製作の結果、みんな満足の出来に仕上がりました。